Japan’s Economic Crisis

Taiji MassacreAccording to my friend Jan in the U.K., there was a radio announcement that The Bank Of Japan has carried out a survey to determine why their economy is in a downward spiral. Well, I guess they have been talking to the wrong people. Had they checked with the office of the Japanese Prime Minister, they would have known about the millions of calls, faxes and emails that have been sent out expressing serious displeasure with a little town in the Wakayama Prefecture. Taiji is engaging in a primitive and barbaric massacre of dolphins, almost on a daily basis. It is because of this atrocity that many people are boycotting Japanese products.

I and my family are a part of this boycott and my reasons are simple. I can’t look at anything from Japan without seeing The Cove filled with blood. I have tried to explain this to the local Japanese consulate and embassy. I told them that if they did not stop the holocaust in Taiji, I would never buy their merchandise again. Ever! They did not listen, so I now have to keep my word.

Jan’s idea is to write The Bank Of Japan and tell them why you are boycotting. Let’s take her up on this marvelous idea. Maybe if the bank gets enough emails, they will have the answer they are looking for. Write them now!

prdmail@boj.or.jp

Here is the email that I sent:

Subject: Japan’s Economy

To Whom It May Concern:

I will not purchase any Japanese products because of the dolphin massacres in Taiji. I will not let my family ever purchase Japanese products for as long as they live or they will …bring shame upon their family name. We have begged and pleaded with the Japanese Prime Minister, the Fisherman’s Union, Japanese consulates and Japanese embassies throughout the world to stop the killing. They would not stop.

I therefore will never cease my boycott. I also share pictures and videos with people where ever I may go. I tell everyone about the holocaust in Taiji. They are always horrified and promise to tell others. Many of them have decided to boycott Japan’s products.

Even my teenage son spreads the word on this primitive barbaric practice. This is why Japan will eventually become a third world country. We will not stop until they stop killing dolphins. This will not go away. We have made it out purpose in life.

For The Dolphins,
Holise E Cleveland III

日本の経済危機

英国の友人月によると、日本の銀行は、自国の経済は、下方スパイラルにある理由を判断する調査を実施していることをラジオの発表があった。まあ、私は、彼らは間違っている人々と話をしているかもしれません。彼らは和歌山県の小さな町で深刻な不快感を表現して送られてきた電話、ファックス、電子メールの数百万については知られているが、彼らは日本の首相のオフィスでチェックいたでしょう。太地は、ほとんど毎日のように、イルカの原始的野蛮な大虐殺に従事しています。これは、多くの人々が日本製品をボイコットされていること、この残虐行為のためです。

私と私の家族は、このボイコットの一部であり、私の理由は単純です。私は血液で満たさ湾を見ることなく、日本から何かを見ることはできない。私は現地の日本領事館や大使館にこれを説明しようとしてきた。私は、彼らが太地のホロコーストを停止しなかった場合、私は再び彼らの商品を購入することはないと言った。今まで!彼らは私が今、私の言葉を維持する必要がある、聞こうとはしなかった。

日本の銀行をお書きください、あなたがボイコットしている理由を教えてください。彼らが十分な電子メールを取得するかもしれない場合は、彼らが探している答えを持っているでしょう。ここでそれらをお書きください!

prdmail@boj.or.jp

ここで私が送ったメールは:

題目:日本の経済

するには誰それが懸念は月:

私は太地のイルカの虐殺のためのいずれかの日本製品を購入することはありません。私は私の家族はいつものように長い間、彼らは生きているか、彼らは…家族の名前に恥をもたらすために日本製品を購入させません。我々は許しを請うており、殺害を止めるために、世界中の日本の総理大臣は、漁師の連合、日本領事館、日本大使館に懇願した。彼らは止まらないだろう。

従って、私は私のボイコットを中止することはありません。私も共有する写真やビデオを今まで私は行くことができる人。私は太地でホロコーストについて誰も教えてください。彼らは常に恐怖され、他の人に伝えることを約束します。それらの多くがボイコット、日本の製品に決めました。

も、私の十代の息子がこの原始的な野蛮な習慣の単語を広げます。これは、日本が最終的には第三世界の国になる理由です。彼らはイルカを殺す停止するまで、我々は停止しません。これはなくなりません。我々は、人生の目的をそれをした。

イルカは、
Holise Cleveland III

Visit “NOT Made In Japan” Today!

NOT Made In Japan

Advertisements